妊婦の貧血対策に鉄分が大切!コラーゲンと鉄の関係

標準

コラーゲンの生成には大きく鉄が関わっています。
しかも、多量の鉄を必要とするのです。
その量は、一日に摂取するべき量の五分の一以上を使用しているのです。
しかし、最近の女性は肌を綺麗にしたいにも関わらず鉄の摂取量が減少しています。
その理由として、鉄を含む食品がタンパク質を含む、肉類が多いとされているからです。
では、肌に良いとされる鉄分を摂取するにはどうしたら良いのか、体内に於けるコラーゲン生成の役割と性質、効率よい摂取方法をご紹介したいと思います。
はじめに、鉄には2種類存在したいます。
それは、ヘム鉄と非ヘム鉄です。
ヘム鉄というものは、体内に存在する2価のイオンを持った鉄です。
非ヘム鉄は3価のイオンの鉄で、私達が通常鉄が錆びたといった状態の鉄になります。
実は、体内で作用する鉄は、ヘム鉄だけなのです。
そのヘム鉄は、動物の肉や魚に含まれているあの赤い色のことを指します。
ミオグロビンと言いまして、この鉄分が非常に効果が高いのです。
鉄は、摂取しても全量が体内で使用されるわけではないのです。
摂取したうちの25%が体内に使用されます。
このヘム鉄が、赤血球に等に使用されるのですが、コラーゲン生成の場合には鉄イオンとして単独で存在して、コラーゲンの反応に使用されているのです。
ですが、女性の場合は基本的に月経があるため鉄分不足でありがちなため、月経の症状を緩和するにしても、貧血対策にしても、コラーゲンの生成に関しても鉄分を摂るのは非常に重要なことなのです。
コラーゲンの生成に関して、効率のよい鉄分の取り方は、コラーゲンの原料となるアミノ酸とヘム鉄を同時に摂ることが一番よい方法です。
ですが、コラーゲンの生成には大敵がいます。
それは、肉類に特に含まれている不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は、肌に活性酸素を増加させる大きな要因となっており、出来たコラーゲンのアミノ酸結合を壊してしまうのです。
もし、コラーゲンの生成に関して鉄分を摂りたいのであれば、脂肪分が少なく、かつ、鉄分の多い箇所を積極的に食べることが大切なのです。
具体的には、マグロの赤身などといった部位が非常にお奨めです。
また、アミノ酸の生成には、クエン酸という酸が非常に大きく寄与しています。
ですから、赤身の魚を食べるときには酸と一緒に摂ると良いです。
また、野菜ジュースを作るとしてもレモンを入れるとその分鉄分の吸収効率が増し、コラーゲン生成に大きく効率上げることが可能なのです。
葉酸サプリ口コミ、おすすめって本当?